氣功・整体について

2017年4月 6日 (木)

脳全体に意識を置き

脳全体に意識を置く

また、ヒーリングする際には、両方の脳の機能の様々な部位にも意識を置くことも忘れてはいけません。

これは、脳全体に意識を置く事で身
体全体の病んでいる所のバランスを見る(確認)必要があるからです

そして、脳だけでなく全身の血液や体液の流れ、筋肉や骨の状態も重視して、バランスを整えながら右脳を介し全身へのヒーリングを施して行きます。

脳の状態を診る場合、頭全体に触れても分かりますが、病んでいる方の場合は脳(頭皮)が『小さく、固く石みたい』になっています。

脳(頭の外部表面も)が固くなっているのは、エネルギーの流れが悪いからです。


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆気功で整体岩瀬靖二の右脳力学気功療法研究所  ホームページ

◇ 心も体も健康に!  船橋気功整体「ほぐれーる」

◆YouTube動画で解説 岩瀬靖二のYouTubeページ

◇フェイスブック右脳力学気功療法研究所のfacebook

2017年4月 4日 (火)

氣(炁)と気の違いで氣力が違って出る

■氣(炁)と気の違い

(○`・ェ・)ノ【こ】【ん】【に】【ち】【ゎ】意識氣功の岩瀬です。

目覚めたことに感謝(o^-^o)

息(生きて)していることに感謝despair

私の書いているブログ、いや、私の治癒法の中で数多く書かれている(語られている)、氣(炁)と気の違いだか、実は、この違いには重要で大切な意味があるのです。
そのことについて少しお話して行きたいと思います。

「気」は、なかの字「メ」と書きますよネ。これは、どういう意味なのでしょうか?
正解は「しめる」という意味になります。皆さんは、封筒を思い出して下さい。
たった今手紙を書き終わったとします。はい、それを封筒に入れました。

そのあと封をする時、丁寧な方は「緘=かん」と書いたり「緘」の字のスタンプを押したりすることがありませんか?

では、そうでない方は、どうするでしょうか?・・・「メ」って書く方がおおいのではないでしょうか?。これは、つまり「しめてとじる」わけです。

もし、このことが分かりにくい方は、はたしてどうしますか・・・そんな方は、漢字で「しめる」と書いたらいかかでしょうか、又は、漢字で「しめる」と書いたら手紙を受け取った方は、ちょと違った印象を持つのではないでしょうか?

「緘」も音読みは「かん」と言いますが、訓読みは「とじる」です。そうです。
両方とも『閉」の字を使い、『閉める」「閉じる」と書くわけです。
一方「氣」は、中の字を「米」と書きますすネ。これは、どういう意味でしょう。

氣功的見解からの正解は「四方八方」の「八方」を指し「八方へ出る」という意味です。つまり、「米」と言う字は、八つの方向に氣エネルギーが出て行くと言う意味合いが含まれております。

 

 


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆気功で整体岩瀬靖二の右脳力学気功療法研究所  ホームページ

◇ 心も体も健康に!  船橋気功整体「ほぐれーる」

◆YouTube動画で解説 岩瀬靖二のYouTubeページ

◇フェイスブック右脳力学気功療法研究所のfacebook

眠れるポーズで深い睡眠を。。。

(○`・ェ・)ノ【こ】【ん】【に】【ち】【ゎ】意識氣功の岩瀬です。


目覚めて感謝;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

息(生き)していることに感謝(=゜ω゜)ノぃょぅ


皆さんは、寝ているときどんな姿勢をしていますか゜.+:。(*´v`*)゜.+:。

眠ったらどんな姿勢で・・・・分からないですよネ(o^-^o)

でもど『ちらかというと、右下のほうが落ち着』と言う人が多い。

しかし、それは日常生活で左脳を使いすぎだからもしれませんよ、
と応えると『やっぱりそうだったか』と感じる方々が多いようである。

そこで今日は『眠れるポーズ』を二っ紹介しましょう。

その前に・・・眠れない原因が明らかな場合は対症療法的に判断して、

言葉・文字・数字などが氣になって眠れないなら身体の右側を下
(左鼻が上)に、或いは情景や絵、あるいはテレビ、ビデオなどの
映像が氣になって眠れないなら身体の左側を下(右鼻が上)にして眠れば
悶々としなくとも眠ることができよう。

なぜ。。。人間の身体の中でも鼻だけは同側性(この反対は対角性)。

右の鼻の穴は右脳に繋がり、左の鼻は左脳に直結しているので右を
下に横になると、左の鼻の穴がよく通り、左脳を刺激することになる。

左を下にして横になった場合は、その反対のメカニズムが成り立つの
である。

しかし、多くの場合(人の)、何故眠れないのか原因がはっきりしていない。
『なぜ。。。眠れない』というケースがほとんどのようだ。。。

そなに時のために(○゚ε゚○)。。。二っ紹介しょう


1026_2

上記イラスト上側。。。うつ伏せになり、その際、両手は顔面の前に重ねて
置き、その姿勢で息を吸いながら片足を上げて少し保ち、息を吐きながら
下ろす。

次(上記イラスト下側)に、仰向けになり、片膝を立てて徐々に下半身を
反対側に捻ってゆき暫し静止する(2~3回繰り返す)。

以上の動作を2~5分くらい続けると、一時的に心臓や神経系筋肉組織
の活動が高まるがやがて血圧が降下し、脈拍が減少。

呼吸が安定して、心臓の緊張が解かれ深い眠りに誘われる。

最後までよんでいただきありがとうございました。think


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆気功で整体岩瀬靖二の右脳力学気功療法研究所  ホームページ

◇ 心も体も健康に!  船橋気功整体「ほぐれーる」

◆YouTube動画で解説 岩瀬靖二のYouTubeページ

◇フェイスブック右脳力学気功療法研究所のfacebook