心と体

2017年4月 3日 (月)

『信じる心』に結果がついてくる

■前回で自分(魂)に感謝すると言うことは、言い換えれば『信じる』ことでもあります。

前回まで言葉(言霊)の癒しを説明しましたが、この言葉(言霊)の癒しは、他者のみに話し掛けるのではなく自他ともに活用してこそその価値観が発揮出来るのです。
昔から『百聞は一見にしかず』という諺がありますが、これを古来から『見ることは信じる』と解釈されて来ました。
ところが本当はその逆、つまり『信じることは見ること』と言った方が、現実を正しく反映するのではないでしょうか。
私たちはややもすると『結果を見てから信じる』行動を取ってしまう傾向があります。
その結果、結果によってその良し悪しを決めてしのうのです。しかし、結果見ず先ず信じてからその結果を待つよにしたら、その先ず信じることに光明(結果)が付いてくるのではないでしょうか?

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆気功で整体岩瀬靖二の右脳力学気 功療法研究所  ホームページ

◇ 心も体も健康に!  船橋気功整体「ほぐれーる」

◆YouTube動画で解説 岩瀬靖二の YouTubeページ

◇フェイスブック 右脳力学気功 療法研究所のfacebook

2015年3月20日 (金)

言葉(言霊)の癒し療法⑤


■前回の続き・・・そんなやり取りの中で私は患者さんの治癒(施療)を進めて行きます。

そして、終了後・・・必ず患者さんが言う言葉が『先生治さないと言ったけど治しちゃ~たじゃん』です。これが真の治癒法なのです。

その様に言う患者さんに対し私は言います。いえいえ私が治したのではなくあなたの持ち物でもあり、あなたが主(あるじ)でもある魂が治したのですよ・・・とネ。

私が治癒している間にあなたの魂が私の問い掛けに素直に聞き入れたから、病んでいるあなたの魂が活性化したのです。

もし、感謝の気持ちがあるならば自分の魂に感謝することです。そして、自分に感謝することです。

2015年3月18日 (水)

言葉(言霊)の癒し③

■約26年前(平成元年)のあの日に何が・・・そう約25年間苦しみ通して来た腰痛が一変して治ったまではいきませんでしたが改善されたのです。

しかも、それは整体手技によってではなく言葉によるものである(後にこれが言葉が持つ氣の力と知る)。その言葉(言霊)とは、『腰痛・肩こりは自分で治すもの、他人に治してもらうものではない』でした。
あの日某健康団体の主催する健康講座(後に骨盤整体師養成講座)で主催者側の講師(整体師)が何十回、いや、何百回となく口にした言葉である。
たかがもこんな言葉でと皆さんは思われるかも知れませんが、この一幕は本当の出来事だったのです。
さらに、この一言(腰痛・肩こり・・・)で私の腰痛が改善され、同時に後に、いや、今の岩瀬氣功整体師が現存しているのです。

その他のカテゴリー