« 2017年4月 | トップページ

2018年2月

2018年2月21日 (水)

言葉(言霊)の癒し療法①

■皆さん、言葉には氣エネルギーがあるのご存知ですか?・・・その言葉に魂を込めて発するのが言霊(ことだま)です。

私は、約30年前より前約25年間、つまり、今から約55年前こなります。

その約55年前から約25年後の平成元年3月にこの言葉(言霊)の癒しによって、この約25年間と言う長い年月に当たって腰痛で悩まされ、或る時は歩行すら出来ない日々が延々と続き、時にはオムツを履いての生活を余儀なくされた日々を過ごしました。

そんなある日、ある団体の健康講座(骨盤整体師養成講)に参加(平成元年3月)し、その講座(約2時間)の後に整体施療を施してもらい、その場で約25年間も悩まされて来た腰痛が改善されたのです。

かといって、特別な施療(手技)をしてもらったわけではありません。では何で長きに当たって悩ました腰痛が改善されたのかと言いますと、それが言葉(言霊)の癒しなのです。

2018年2月18日 (日)

自分のためにだけ氣エネルギーを使いすぎると病気になる??

おはようございます氣功整体師@UZUKIですhappy01

目覚めたことに感謝o(*^▽^*)o

息(生きて)していることに感謝(o^-^o)

皆さん自分のために氣エネルギーを使いすぎていませんかear

そう、自分のために『氣』を使い過ぎると病気になってしまうのです。氣、は使い方次第で病気になったり病気を治すこともできるのです。

 氣は、生命エネルギーでもあるのです。この生命エネルギーは、他人のために使えば使うほど増えて、自分に還ってくるのです。皆さん知ってたsign03

 そうです。あなたが他人のために尽くせば尽くすほどに、生命エネルギーはあなたの力となって還ってくるのです。

氣を外に向けて解放することが、あなたの不安・恐怖をも解放してくれるのです。他人のために使った氣はあなたの氣の滞りを解消し、身体の中を駆け巡ります。

 同時に氣の数値は高まり、あなたの生命力も高まります。病気の人はこの氣の高まりによって、本来、自分のもっている『自然治癒力』というものが身体の患部に対して働き、その人の病気は治り、健康になれるのです。

 今まで自分のことばかり考えていたあなたが、他人のために氣を使うということは、自分の『心の転換』を図るということにもつながるのです>

最後まで読んでいただきありがとうございましたheart02

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

◆気功で整体岩瀬靖二の右脳力学気功療法研究所  ホームページ

◇ 心も体も健康に!  船橋気功整体「ほぐれーる」

◆YouTube動画で解説 岩瀬靖二のYouTubeページ

◇フェイスブック右脳力学気功療法研究所のfacebook


2018年2月16日 (金)

整体ハウス・ほぐれ~るの施療チラシ

« 2017年4月 | トップページ