« 氣の不調和が即身体の不調に・・・ | トップページ | 病気を治す言葉、病気を作る心② »

2014年11月13日 (木)

病気を治す言葉、病気を作る心①

私氣功をやっております。と言うと何処で修行したのですか?と聞かれます。でも私は何処でも修行したことはないし、第三者から氣を伝授して頂いたことはないと平然と答えます。でも、私は自分なりきで氣をコントロール出来ると自負しております。同時に、自分自身がびっくりする程に結果をだしているとも自負しております。

 ではどうして、これらが出来るのかというと超簡単です。『氣とは意識なり』『意識とは氣なり』だからです。先ごろも書きましたが、有名な氣功の先生が書かれた本の中で『言葉が氣を誘発させる』と書かれておりました。この先生ほんとに有名であり、海外でもセミナー等を開いている先生で、私の氣功の教え子もこの先生の氣功は素晴らしいと言っております。

 私にとっては、この先生の言っている『言葉が氣を・・・』とやらを、約15年前から唱えております。そして、これらの言葉のエネルギーで約26年前(平成元年)までの前の約25年間、そう、今から約46年間強度の腰痛で病床についていたにも関わらずある日の勉強会で『不幸にして病気になったとしてもその病気をなおすのは自分自身』と聞かされて約25年間の病気から脱せられたのです。続く・・・

 

« 氣の不調和が即身体の不調に・・・ | トップページ | 病気を治す言葉、病気を作る心② »

脳内データファイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2025911/57972838

この記事へのトラックバック一覧です: 病気を治す言葉、病気を作る心①:

« 氣の不調和が即身体の不調に・・・ | トップページ | 病気を治す言葉、病気を作る心② »