« 病気を治す言葉、病気を作る心① | トップページ | 『気』と『氣』の違い・・・結果 »

2014年11月14日 (金)

病気を治す言葉、病気を作る心②

前日の続き・・・そして、この言葉がキッカケで今の氣功師である自分が存在していると言っても過言ではありません。

故に、私に師匠がいるとすれば、約26年前に聞かされた病気は自分で治すもの』という天与の言葉かも知れません。
故に、今日まで修行・鍛錬せずとも自分なりきで氣をコントロールしている、いや、出来ているのです。そう、病気一つにしても病院に行って主治医にあなたはこれこれと言う病気ですよと言われても、その後の治癒方法を考えることが出来るのです。
繰り返して言うようですが、病院は病気を治すところではありません。検査してもらうところです。こんなことを言うと病院関係者にお叱りを受けるかもしれませんが、案外これって当たっているかも知れません。
前にも言ったと思いますが、私同時期に首の手術して、私は杖なしで歩行しておりますが、もう一人の方は今でも杖をついて歩いております。私は、主治医に聞きました。彼の場合は手術がうまくいかなかったのですかと・・・先生言いました。いや、彼は自分で治そうという氣がないだけですよとね。これってやはり自分で治す力がいかに大事なのかと思い知らされるのではないでしょうか?

« 病気を治す言葉、病気を作る心① | トップページ | 『気』と『氣』の違い・・・結果 »

脳内データファイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2025911/57982302

この記事へのトラックバック一覧です: 病気を治す言葉、病気を作る心②:

« 病気を治す言葉、病気を作る心① | トップページ | 『気』と『氣』の違い・・・結果 »