« 2014年4月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年5月

2014年5月 1日 (木)

意識は各自保有のエネルギー

意識の力とは・・・これが生まれながらに備わっている力であり、各自保有のエネルキ゛ーなのです。即ち、意識の力『生まれながらに天与(神=自然界)されている力』で自分でコントロール出来るように人間の身体は創られている。

その氣(意識)は、体内を自由自在に巡っていますが、必要なところに集中して集まるのは血液と同じです。
頭を使っているときは、頭が氣でいっぱいになっているし、食べたものを消化する必要なときは、胃を中心に集まるといった具合です。
先ごろもいったように氣は意識によって動かすことが出来るので、必要な部分に自分の意思で集めることが出来るのです。
通常は、氣が充分に満ちていて、巡りがよい部分は、本来の健康状態を維持できています。氣が不足したり、とどこったりすると痛みやこりとして認識されます。
Ccf20120623_00041

例えば、肩こりなども、氣の巡りが悪くなっているために起こる状態といえます。よって、ここに意識を集中して、氣を集め、流れを促せばコリは即座に解消させられます。
特に、胃しとてもデリケートな部分で、極度のストレスで一夜にして胃に穴があくこともありますが、氣を集めれば、一夜にして穴をふさぐことも出来ます。

この様に、身体問わず全てのトラブルは『氣』の不調和から・・・この世で起きているトラブルは、全て氣の不調和から起きていると言っても過言ではありません。

天変地変のような自然災害も、対人関係のトラブルも、肉体的不調も、氣が不足して氣の流れに滞りがるとき起こる現象に過ぎないのです。

« 2014年4月 | トップページ | 2014年11月 »